マンション給排水配管水漏れに備える

火災保険と修繕対策セミナー

@Zoomオンライン 2024年7月20日(土)10:00-12:00

漏水事故おこらないよう根本対策したい

2022年10月のマンション火災保険料の爆上がり2024年は10%?

マンション配管修繕について安心できる修繕積立金(円/m2) はおいくら?

配管が漏水したときに使える保険でカバーできる範囲を知りたい

配管の漏水が始まっているけど何から手を付けたら良いかわからない

配管水漏れに備える保険の選択、免責の設定は?

配管の漏水リスクを整理して、マンション火災保険を知り対策して、最適な修繕方法で管理組合の合意形成へ

配管の用途、場所ごとに材質、事故履歴をまとめてリスクを整理しましょう。

5社から見積もりをとって適正な保険金を設定ましょう。規模、事故状況に応じて最適な保険、保険金が見えてきます。

管理組合の合意形成は組合員の事情を考慮したうえでの最適な提案をすること

セミナー参加のメリット

  • 2022年10月1日のマンション火災保険の爆上がりに対して、どのように保険料を抑えばよいかかがわかります。
  • マンション火災保険会社の選択、選択すべき保険・オプション、保険料、免責の設定などをきちんと理解できます。
  • マンション総合火災保険の個人賠償責任補償特約、水濡れ原因調査費用特約などでカバーされる範囲・されない範囲が理解できます。
  • お住まいのマンションの設計図から給排水配管の用途、場所、材質を整理して漏水リスクの高い配管を予測し、対策を検討できます。
  • 講師の話だけではなく、他の同規模、同年数のマンションの参加者の方の経験についても情報交換できるかもしれません。

ほかのセミナーとの違い、特徴

マンション火災保険すべて5社を扱っている保険代理店のプロと、給排水配管設計に強いコンサルタントのセミナーによる、マンション保険と配管修繕が一度でわかるセミナーです。

しがらみがない講師二人のセミナーですので、完全にマンション管理組合の目線でお話します。

マンション火災保険の爆上がりに備えてマンション管理組合がやるべきこと
マンション長寿化モデル事業補助金による配管更新について
マンション配管漏水事故に備える共用部・専有部の火災保険
長期修繕計画、給排水配管の修繕費が足りているかを検証しよう

これまで実施したセミナー参加者の声

Tさん(横浜市 100世帯)

202110月30日のマンション修繕積立金の値上げが必要か検証するセミナーに参加しました

提供された長期修繕計画チェックシートを使うことで、機械式駐車場が空が増えて起きており収入と支出の関係が見える化できて、メンテナンス費用が 本当に確保できているか、検討する必要があるかわかりとても、参考になった。

長期修繕計画チェックシートは一般論ではなく、自分ごととして考えるきっ かけになった。

機械式駐車場の空問題は、今後深刻化するので一部解体も含めて検討するべ く理事会にも提案していきたい。

山口さん(さいたま市 21世帯)

2022年3月26日の50世帯以下中小マンションの 大規模修繕工事を成功させるセミナーに参加しました。

大規模修繕1回目計画中です。
修繕委員会では、経験者が不在のため実務面での不安を感じておりました。

セミナー終了後に、マンション理事長、理事、修繕委員会向け、Zoomでアドバイス・意見交換会をしてもらい、大変役に立ちました。

今後も有益な発信をお願いします。

Mさん
横浜市
84世帯

2022年2月12日のマンション配管漏水予防対策セミナーに参加しました。築50年越えのマンション管理を請け負っており、一斉更新をすることを考えておりとても参考になりました。

Yさん(静岡県)
17世帯
2022年3月26日の「50世帯以下の中小マンション大規模修繕工事を成功させるセミナー」参加しました。

まもなく1回目の大規模修繕工事を迎えるにあたり、管理会社が強引な進め方をするので困っていたところYoutube動画をみて、セミナーを知り参加することにしました。

セミナーでのアドバイス通り管理会社と交渉して、工事仕様書・設計明細を有償で作成してもらう方法で進めています。
セミナー後も何度かメール相談していただいており大変助かっています。

「マンション配管漏水 予防対策セミナー」 セミナーの2時間でわかること

  • マンション共用部保険の2022年10月からの値上がりの概要がわかり、火災保険の選択、オプションの選択、保険金額の設定など方針が見えてきます。
  • 築年数、配管材質、事故履歴が整理して、マンション100年長寿化のための長期修繕計画の配管修繕の見直しができます。
  • 配管材質の調べ方、申込者に事前に見方を解説した限定公開動画を提供しますので、自分のマンションの配管についてをより深く検討したい方は、ご自分のマンションの配管材質、事故履歴整理して理解しておきましょう。
損害保険料率算出機構のホームページの発表

損害保険料率算出機構のホームページの発表、火災保険値上がりの根拠

マンション共用部の保険(管理組合の保険)とマンション専有部の住宅用火災保険との違い

専有部配管で漏水事故がおきた場合に被害を受けた下の階で使える保険

国交省の長期修繕計画の記載例の記述です。給水配管・排水配管の(更生なし)取替費用

築古マンションで使用されている配管と、今後使用すべき配管です。

マンション配管材質が一覧にして漏水リスクを見える化しましょう。

マンション長寿化等モデル事業補助金の工事支援で、2022年の申請書から、「共用部と専有部の一体的な修繕による老朽マンションの⾧寿命化の一体での更新に対して補助をする」という内容が追加されました。最大工事費の1/3の補助金が出る可能性があります。

講師プロフィール

高山 裕行(たかやま ひろゆき)

マンション火災保険のマエストロにして、築50年マンションオーナー

今から20年以上前、35歳の時に当時築27年の中古マンションを購入(1998年購入、1971年築、中古86戸)。入居1年程で早々に輪番で理事が廻ってきた。理事長になった際にはデベロッパー系管理会社から独立系管理会社に変更を行った。その後は、管理組合は工事等の見積をする際に必ず相見積もりをとる事が習慣化するようになった。

その後、修繕委員の時に多発する漏水事故、錆だらけの生活水等の為、共有部の給排水の竪管、専有部の給水・給湯管を全交換実施、室内立ち入りの大掛かりな工事になったため、全戸工事期間の1週間はウィークリーマンション交替で生活してもらう事も含めて管理組合負担で実現した。漏水事故はほぼなくなった。

特定の保険会社の提案にならないように、保険会社5社すべてのマンション総合火災保険を扱う代理店になった。現在では多数のマンション管理組合にマンション火災保険をご提供。マンション関係の交流会にも参加したり、講師を務めることも多数。

マンション火災保険5社の一都三県中心に代理店としての25年間のキャリアがあります。漏水事故時の対応については管理会社が原因調査や修繕工事見積もりをすることができない場合は、自ら修繕業者を手配する対応も行います。保険契約時に管理会社さんと業務フロー、役割分担を調整して、契約いただいた管理組合様が事故の際に迷惑をかけないように迅速に対応できるように心がけています。

自らが築50年越えマンションの理事、修繕委員で経験してきたノウハウでお客様と同じ目線で、マンション火災保険のプロとしてご支援できるのが私の強みです。

マンション管理組合目線 神尾 直志(かみお ただし)

人とマンション100年ライフサポーター

築40年マンションで20年間、管理組合理事、理事長は3年間。その間、管理会社変更2回、大規模修繕工事2回、排水管竪管更新工事、直結給水工事を実施

慶応義塾大学理工学部修士課程を経て東洋エンジニアリング株式会社で、製薬工場、化粧品工場などの水周り工場の基本設計な納期、品質、コストに合わせたプロジェクトマネージメント力を習得する。その後、IT業界では、OEM営業として、大手家電メーカー、パソコンメーカー向けの提案営業で、立ち上げから販売終了までを行う。

ビジネス経験とマンション管理組合理事の経験を活かして、マンションと中に住む住民を100年長寿化させるコンサルタントとして、奔走しています。

お客様のマンションを築50年でも選ばれるマンションにしたい、スクラップビルドからストック型への社会への転換をして、人口減少社会、超高齢化社会も、生き生きと楽しく人生を楽しめる人を増やしていきたいと思います。

趣味のフルマラソンは、2020年1月の勝田全国大会で2時間54分37秒、サブスリーを5回達成

Q&A

最近分譲マンションを購入したばかりで、何もわからないですが参加できますか?

はい、参加できます。一般の方にレベルを併せてご説明いたします。火災保険、配管修理など一部の内容は、Youtube公開していますので参照ください。

どんな人が対象ですか?

マンション管理組合員(理事長、理事、修繕委員、管理組合員)で、マンション火災保険や、給排水・給湯配管修繕について知りたい方が対象です。同業者の保険代理店、コンサルタントの方の出席はマンション管理組合員でもご遠慮頂ております。

セミナー参加には顔出しは必要ですか?

Zoom顔出し必須でお願いしています。

マンションの火災保険は10月の値上がりすると聞いていますが、まだ残っている保険を解約して長期契約をしたほうが良いでしょうか?

現在の契約内容によります。マンション火災保険の基本的なところから説明しますので、ご参加いただき検討いただければ幸いです。

設備平面図、専有部設備図面、系統図、配管材質などは一切わからないですが、参加できますか?

マンションの理事長に確認すると、図面は管理組合の書庫等で管理しているはずです。電子化して保管している可能性もあります。是非入手して情報を得てからご参加いただきくとさらに理解が深まると思います。マンションの資料が無い場合も今後の参考になると思います。

セミナー中に、自分のマンションのことや、図面など、他の参加者に見られることなく、参加できますか?

はい、講師もプライバシーには十分に配慮して進めます。自分で開示しない限りは人に見られることはありません。

セミナーはどのくらいの規模のマンションを対象にしていますか?

100世帯程度以下のマンションを対象にしています。

自分のマンションの給水管、排水管の漏水が心配なのですが、見て頂くことは出来ますか?

1都3県の希望するマンション管理組合があればご訪問して、設備関係図面と現物を拝見させていただくことが可能です。配管はほとんどの部分で隠ぺい化されており、保温がついており図面がないとわかりません。 設備関係図面 があることを条件とさせていただきます。

マンション管理会社を変えたのでマンションの給水排水設備構造がわかっていないため、きちんと対応してもらえるか不安です。セミナーに出ると解決しますか?

設計図面が存在して、図面をしっかり見ることができれば、給水排水配管や設備もある程度、把握できるようになります。是非、ご参加ください。

このセミナーでわかること

  • 2022年10月1日改定のマンション火災保険の価格改定(爆上がり)の概要
  • マンション総合火災保険5社のうち、保険会社の選び方、オプションの設定、適切な保険金額(どこまで下げてよいか?)、免責金額の設定について
  • マンション総合火災保険と専有部住宅用火災保険の違い
  • 専有部および共用部の配管で被害を受けた場合に使える保険について
  • マンション総合火災保険の個人賠償責任補償特約、水濡れ原因調査費用特約で原因調査費、配管修理費、復旧費などカバーされる範囲について
  • 国交省が2021年9月28日に公開した更新された「修繕積立金ガイドライン大幅値上げ」と、「適正化法改正によるマンション管理計画認定制度、助言・勧告・指導」が意味する事について
  • 築30年を超えるマンション給水配管、排水配管の推定修繕費の概算について
  • マンションの給排水配管が共用部、専有部どこが境界線なのか?
  • 給水・給湯・排水配管のうち最も漏水リスクが高い配管はどの配管がどれなのか?
  • 配管の更生について、樹脂ライニング更生、電気防食、流動セラミック、オゾン洗浄などは意味はあるのか?
  • 専有部の給水・給湯・排水配管を管理組合で、修繕積立金を使い実施するために必要なこと
  • 長期修繕計画の見直しの際に、給排水配管更新費用について留意すべき点について

特典

  • セミナー参加者のうち、希望される方、Zoomでオンライン無料面談1時間します。
  • セミナー参加者のうち、希望される方、1都3県近郊の方、ご訪問して5社の火災保険の見積もりをいたします。
  • セミナー参加者のうち、図面用意できる方で希望者(1都3県近郊の方のみ対象)がいれば、ご訪問して、無料簡易レポートします。但し、設備図面(平面図、系統図、専有部設備図面)があるマンションに限定させていただきます。 
  • 参加者全員に長期修繕計画チェックシートの検証用エクセルシートをご提供します。

申込はこちら

◆日程 : 2024年7月20日(土)10:00-12:00 @Zoomオンライン

◆対象 : マンション管理組合員(理事長、理事、修繕委員、管理組合員)、1名の申し込みでほかの同じマンションの組合員、何名でも参加可能です。※)同業者の方はご遠慮いただいております。

◆金額 : 税込み2,000円

◆当日、Zoomで顔出しできない方はお申込みご遠慮いただいております。

【不明点、電話確認はこちら】
080-5071-0255 マンション管理組合目線 神尾直志

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(任意)

    マンション名(任意)

    マンション築年数(必須)半角英数字のみ入力、入力欄右のプルダウン・アップメニューからも選択できます

    マンション戸数(6-300戸)(必須)半角英数字のみ入力、入力欄右のプルダウン・アップメニューからも選択できます

    マンション階数(3-22階)(必須)半角英数字のみ入力、入力欄右のプルダウン・アップメニューからも選択できます

    マンションは単棟型、団地型?(必須)

    現在加入しているマンション火災保険はどちらの保険かご存じですか(必須)

    マンション配管からの漏水事故はありましたか?(必須)

    マンション給水・給湯・排水配管の材質をご存じですか?(必須)

    受講料2,000円 お支払方法(必須)

    マンション火災保険、マンション給排水配管で心配なこと、気にしていることがあれば記入ください。

    当日のセミナーは、Zoom顔出し参加となりますが了承いただけますか? 同業者ではないですか? 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    個人情報を送信いただくにあたりプライバシーポリシーをご確認ください。